20代~40代では妊娠率が変わります。性行為に良いとされているのは排卵日前後の5日間。

クロミッドの子宝ナビ
home > 妊活を始める前に

不妊症を理解しよう

不妊症を理解しよう 両親や友人、家族といった方から「まだ子供つくらないの?「早く孫の顔が見たい」といった様な言葉を投げかけられると、悪気がないとは分かっていても気を落としてしまいます。
それゆえ、不妊症と判断はされてないが中々子供に恵まれない、または不妊症と診断され治療を受けているが妊娠の兆候がみられない。等の経験がある方の中には、精神面でのストレスや不安等によりイライラしてしまったり、鬱症状となってしまったという方もいます。
このようなイライラや憂鬱感から周りの方との関係がこじれてしまったり、夫婦関係にも溝が出来てしまう場合があります。

子宝に恵まれない際には、どうしても赤ちゃんを身篭る女性側が負担を抱えてしまったり、自分を責めてしまいます。
不妊症になってしまうのには様々な原因が考えられますが、健康な若い男女が自然妊娠する確率は25%~30%と総合的にみても決して高い確率ではない事が分かっています。
そのため、子供を望んでいるのに中々結果がみられない。となってしまうと絶望的になってしまいますが、そのようなとても低い割合の中で妊娠に至るということ自体奇跡なのですから、気長に待ってみると意外と早く赤ちゃんがきてくれるかもしれません。
また女性だけではなく、もちろん男性側の理解もとても大切です。
女性は男性に比べとても感情が乱れやすいので、穏やかになったり、ヒステリックになってしまったり、泣き出してしまったり..と困惑してしまう事もあるとは思いますが、募った想いが溢れているのだと理解し包みこんであげましょう。

妊活を始める前に知っておく事

妊活を始める前に知っておく事 妊活を成功させる近道は、妊娠について正しい知識を得る事です。

まず、妊娠の確率です。

健康な男女が排卵日に性交を行うと、25歳から30代前半で20から25%、30代後半で18%、40代前半で5%、40代後半で1%と、年齢を重ねると、妊娠の確率は下がっていきます。
妊活を上手くいかせる為には、排卵日前後を含めた5日間が大事です。
つまり、排卵日の2、3日前から性交を行う、排卵日当日に性交を行う、排卵日後も2、3日なるべく性交を行うということになります。



次に妊娠の適齢期ですが、生理が始まって10年ほど経ってから、さらに、閉経する10年前までと言われています。
生理が始まるのも閉経するのも個人差がありますが、だいたい20代から40代です。
卵細胞はどんどん減少していく為、前述した通り、若い方が妊娠率は高いと言われています。
男の子がほしい、女の子がほしい、という希望をお持ちの方もいるかもしれません。
昔は不可能と考えられていましたが、現在は男女の産み分けも可能と考えられています。
勿論100%ではありませんので、お気をつけ下さい。

胎児の性別は染色体によって決まります。
精子にはそれぞれX染色体とY染色体をもつ細胞がありますが、卵子にはX染色体しかありません。
その事によって、精子と卵子が受精した際に精子がX染色体だった場合XX染色体となり胎児は女の子、精子がY染色体だった場合XY染色体となり胎児は男の子となります。
そのため、産み分けをおこなう時に重要なのは受精する精子の染色体が決めてとなるという事になります。
また、性行為時によっても胎児の性別が左右されると言われています。

★男の子がほしい場合
排卵日当日に性交を行い、最低でも排卵日前5日間は禁欲します。
挿入はなるべく深くし、女性がオルガズムを迎えた時に射精することで男の子が生まれやすくなると言われています。
☆女の子がほしい場合
排卵日2、3日前に性交を行い、排卵日以降は性交しないようにします。
挿入は浅くし、女性がオルガズムに感じる前に射精すると女の子が生まれやすいそうです。


この際は勿論パートナーの協力が必要になりますので、よく話し合いましょう。

また、男性は性行為に関して大変デリケートです。
妊娠のために排卵日には必ず性交を迫ったり、必要以上に頑張ると、男性は気持ちも焦り、追い詰められてしまい、突如EDになってしまう事もあるのです。これを排卵日EDと言います。
あまりこだわりすぎず、普段から自然なコミュニケーションを心がけましょう。
また、子宮、卵巣、男性の精子に異常がないか検診しておきましょう。
普通の健康診断も受けるなど、自分とパートナーの健康状態について、きちんと知っておくことも大切です。

夫婦のスキンシップ

花を渡す手 夫婦になってしまうと恋人同士の頃とは違い「言葉で伝えなくても伝わっているであろう」「居てあたりまえ」という様に感じてしまう方も多い様です。
ですが、いくら夫婦として一緒に歩んでいたとしても、想いを伝えてくれなくては理解しようがありません。
いつ不運な事故や事件に巻き込まれ居なくなってしまうか分かりません。
そう考えると居てあたりまえの人は存在しないのです。
スキンシップはなにも性行為のみではありません。
焦りや不安によって心にもない言葉を投げつけてしまう事もあると思いますが、妊娠という言葉に囚われすぎず会話を楽しんだり、子供がいると中々できない様な事をしてみるといった夫婦のスキンシップも大切にしながら心にゆとりを持つようにしましょう。
一番重要なのは、頑張り過ぎないことです。

妊活を始める前に重要なこと

妊活を始める前に 妊活を妊活を始めるにあたって元気な赤ちゃんを産むために出来る限り不安要素は持ちたくありません。
また、実際妊娠した後に『やっておけば良かった..』という状況になってしまう場合もあります。
そうならないために、妊娠中に出来ない事は妊活をおこなう前に済ませておきましょう。

・予防接種
胎児への影響がないと言われている予防接種や薬の服用であったとしても、妊娠中に摂取や服用をおこなう事は正直不安です。
そのため、風疹やインフルエンザ、はしかや水疱瘡といったような予防接種を受けておらず感染する恐れのある方は早めに受ける事を推進します。
特に風疹は妊娠初期に感染することで胎児に白内障、難聴、先天性風疹症候群があらわれる確率が高くなるとされています。また、風疹の予防接種は妊娠中の方は摂取ができなくなっており、風疹の予防接種を受けて2ヶ月間は妊娠しない様にする必要があるとされています。
・歯の治療
妊娠中は胎児に栄養をおくる為、カルシウムとなる歯は急激に脆くなってしまいます。
また、治療をおこなう際に麻酔を使用しなくてはならない場合があり母体に負担がかかってしまいます。
さらには、虫歯が原因となり後々トラブルとなってしまう事が考えられますので、早めの治療をおこなっておきまよう。
・禁煙・禁酒
タバコやお酒は胎児に影響を与えてしまいます。
タバコには血管を収縮する作用があるため、妊娠中にタバコを吸ってしまうと胎児に栄養や酸素が届かないという状態になってしまい、流産または早産の危険性が高くなってしまう事や先天性による持病を引き起こしてしまう事があります。
実際本人が吸っていない場合でも同じ事が言えますので、周囲の方の理解も重要となってきます。
また、アルコールの摂取も胎児の発達に大きな影響を与えてしまうため、神経に異常が起きる、先天性の奇形が生じてしまうといった危険性が非常に高くなってしまうので、絶対に止めましょう。
・カフェイン
カフェインには体内を冷やしてしまう要因があるとされ、体内が冷えてしまうと妊娠しにくい環境をつくってしまいます。
そのため、妊活をおこなっている期間また出産後の授乳を終える期間までカフェインの摂取は控えなくてはなりません。
全く飲んではいけないという訳ではありませんが、1日1~2杯といったように意識する様に心がけましょう。

また、旅行や趣味、友人とランチに行くなど妊娠中や出産後に中々できなくなってしまう様なことを今のうちしておくのもオススメです。

MENU

排卵誘発剤のクロミッドの作用・購入方法
排卵誘発剤のクロミッドの作用・購入方法
できちゃった婚が多い近頃ですが、結婚…
排卵誘発剤の種類
排卵誘発剤の種類
排卵誘発剤にはいくつか種類があります…
妊娠の仕組みと適齢期
妊娠の仕組みと適齢期
妊娠は性行為から始まります。性行為に…
不妊症について
不妊症について
不妊症と言っても、色々原因はあるわけ…
検査と治療法
検査と治療法
子供がほしくてもなかなか授からない、…
不妊症と食生活
不妊症と食生活
不妊症というと病院やお薬で改善すると…
少子化問題
少子化問題
2016年5月に総務省が発表した人口推計…
妊活ってなに
妊活ってなに
最近巷でよく聞く言葉で妊活って言葉が…
妊活を始める前に
妊活を始める前に
妊活を成功させる近道は、妊娠について…